タドニッパの戦績は?村田諒太が予告通りKO勝ち!次戦は世界挑戦か?

7月23日(日本時間24日)ラスベガスで
行われた、ボクシングミドル級(ノンタイ
トル)10回戦で、WBCミドル級4位の
村田諒太(30)は元WBC米大陸ミドル級
王者のジョージ・タドニッパ(37)に1R
1分52秒、TKO勝ちした。

 

この勝利で村田選手の戦績は、11戦全勝
(8KO)となり、タドニッパ選手の戦績が
42戦34勝(24KO)3敗3分け1無効
試合1無判定試合となった。

 

試合が行われる前、村田選手はタドニッパ選
手の映像を見て「ボディーが弱そう」と分析。

 

「左ボディーが当たれば効くと思うし、間違
いなく倒せる。」と、KO予告していた。

 

本番では、立ち上がりこそタドニッパ選手の
手数が勝ったが、1R中盤、予告していた通
りに強烈な左ボディーでしゃがみ込ませると、
立ち上がったタドニッパ選手をコーナーに追
い込み、右ストレートを連打。

 

この時点でレフェリーが試合を止め、予告通
りのTKO勝ちとなった。

 

次戦については、早ければ来年の前半にも初
の世界王座に挑戦する方針ということだが、
その前に11月くらいにラスベガス、香港、
マカオのいずれかでノンタイトル戦を挟む
考えも明らかにしている。


Sponsored Link


タドニッパの戦績は?村田諒太が予告通りKO勝ち!

7月23日(日本時間24日)に米国ラスベ
ガス(MGMグランド)で行われた、ボクシ
ングミドル級(ノンタイトル)10回戦で、
WBCミドル級4位の村田諒太選手は元WB
C米大陸ミドル級王者のジョージ・タドニッ
パ選手に1R1分52秒と、予告通りTKO
勝ちを収めた。

 

この大会のメインは、WBO世界スーパーラ
イト級王者テレンス・クロフォード(28)
VSWBC同級王者ビクトル・ポストル
(32)の王座統一戦、さらにWBOスーパ
ーミドル級王者ヒルベルト・ラミレス
(24)の初防衛戦が組まれており、村田
選手の試合はダブル世界戦のアンダーカード
になる。

 

村田選手にとって昨年11月に初の米国進出
となったラスベガスでの試合は、攻撃が単調
になり10R3−0と、不完全燃焼での判定
勝利。

 

試合後も「アピール不足だった。今度は米国
のファンの心もつかむような試合がしたい」
と話していただけに、今回はインパクトのあ
る試合で「村田諒太」の名を本場にアピール
出来たのではないかと思う。

 

ノンタイトル戦だったものの、対戦相手とな
ったタドニッパ選手は、元WBC米大陸ミド
ル級王者で、戦績が41戦34勝(24
KO)2敗3分けと、キャリア十分の強敵
だっただけにいよいよ世界挑戦が見える戦い
になった。

 

帝拳ジムの本田明彦会長(68)も「予定通
りの戦い方。村田のミドル級での戦い方が完
成してきた」と称賛しており、浜田剛史代表
(55)も「単に倒したのではなく、ゴチャ
ゴチャと出てきた相手に対してその時に必要
なパンチを出した。成長をアピールできた試
合だと思う」と評価している。


Sponsored Link


村田諒太 次戦は世界挑戦か?

5月の10戦目となった試合では武器の右
ストレートを警戒されていたとあり、課題の
左の強化に取り組んできた村田諒太選手。

 

その成果もあってタドニッパ戦は、左ボデ
ィーを打ち込みダウンを奪った。

 

今回の試合は「世界挑戦」にふさわしい勝ち
方が求められていただけに存在をアピールす
ることが出来、インパクトを残すことに成功。

 

この大会のメインでは注目度の高いスーパー
ライト級の王座統一戦が行われるとあり、業
界関係者も集結していた中での自己最速勝利
だった。

 

いよいよ次戦は世界王座に挑戦する方針だが、
11月くらいにラスベガス、香港、マカオの
いずれかでノンタイトル戦を挟む考えも明ら
かにされている。

 

世界戦のターゲットはWBOミドル級王者の
ビリー・ジョー・サンダース(26)だが、
ミドル級は大激戦区とあってマッチメークが
まとまる保証はない。

 

世界戦の前にノンタイトル戦が挟まれようと
も、「世界挑戦」はもう目の前まで来ている。

 

どちらにせよ、次戦が最も重要な試合になる
のには間違いない。


Sponsored Link


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

▲トップへ戻る