ヒロイン失格の原作は桐谷美玲がモデルだった!安達と利太はなぜ別れた?

9月30日の金曜ロードSHOW!は2015年
9月19日に公開されたラブコメ映画『ヒロ
イン失格』を放送。原作は2010年〜20
13年に少女漫画雑誌「別冊マーガレット」
で連載された同タイトルの『ヒロイン失格』。

 

全10巻で累計発行部数117万部を突破し
た人気作を実写化。早くも地上波テレビで
初放送される。

 

映画『ヒロイン失格』は、公開されてから
51日目で観客動員数200万人、興行収入
23億円を突破。少女マンガ実写化作品で
トップの収益で、2015年日本週末観客
動員数1位の映画となった。

 

作品で主演を務めるのは「松崎はとり」役の
桐谷美玲。桐谷は漫画の方でも人物モデルに
なっており、原作者の幸田もも子は「松崎は
とり」のモデルに桐谷のことを思って描いて
いたという。

 

桐谷演じる「はとり」は、幼なじみの寺坂
利太(山崎賢人)に10年もの片想いを寄せ
ている女子高生。自分こそが利太と結ばれる
ヒロインと信じて疑わなかったのに、利太は
イケてない地味な“六角精児似”の安達
未帆(我妻三輪子)と付き合う。

 

はとりは奪還作戦を企てながら悶々とするが、
はとりの前に学校イチの超絶イケメンの弘光
廣祐(坂口健太郎)がアプローチしてくる。

 

はとりの本当のヒーローは、一体どっちなの
か?

 

女子高生がヒロインの本作品は三角関係の恋
愛をコメディタッチで描いたラブストーリー。

 

安達と利太は別れてしまうが、その理由は?


Sponsored Link


ヒロイン失格の原作は桐谷美玲がモデルだった!

ヒロイン失格が映画化されるきっかけになっ
たのは、監督の英勉氏がタイトルにひかれて
手に取ったそうだ。

 

そして、原作者の幸田もも子自身の体験が
ストーリーとなって描かれている。

 

幸田は小学5年生から21歳くらいまで幼な
じみのことが好きだったが、ほかに彼氏がい
たり・・・そこが、はとりっぽいところ。
ずっとその男性が好きなくせに、告白される
とほかの男性と付き合う。

 

それでも、幼なじみの存在はずっとあって。
いつか絶対に漫画化して、映画化もされちゃ
うようなすごい話にしてみせると思っていた
という。

 

そもそも『ヒロイン失格』を描き始めたとき、
幸田は桐谷美玲をはとりのイメージモデルに
想定して描いてたとか。そのことをだれにも
言っていなかったにも関わらず、桐谷は偶然
にも原作の大ファンだった。

 

そして映画化しても桐谷が「はとり」役を務
めることが決まり、幸田は非常に感激したと
いう。

 

映画化されたのは、第10巻の最終話に「今
春ロードショー ヒロイン失格」という看板
が出てきて、女の子たちの会話にも「桐谷美
鈴」と名前が出ていたので、この頃から映画
の話が決まっていたと思われたが、その時は
何の話もなかったそうだ。

 

ただ、桐谷が原作の大ファンだと知ったこと
から、「伝われ!」と、あえて名前を出した
だけ。すると桐谷がさっそくブログで「桐谷
美鈴って私かな?」と書いたことにあ、伝わ
ったと。これでもう満足だったという。


Sponsored Link


ヒロイン失格 安達と利太はなぜ別れた?

これまでいい加減だった利太が突如現れた
地味系女子・安達に影響されて付き合うこと
になったが、結局は破局。理由は利太が
はとりに恋心が向いてると安達が見抜き、
利太もそれに気がついたから。

 

このような中途半端な気持ちで安達と付き合
っていったらダメだと利太が別れを切り出す。
はとりの一途に思う気持ちが利太の心を動か
したのだった。

 

利太にフラれた安達は、その後キャラが変わ
ってしまい、男をとっかえひっかえする軽い
女になっていく。

映画ヒロイン失格 キャスト

■松崎はとり:桐谷美玲

■寺坂利太:山崎賢人

■弘光廣祐:坂口健太郎

■中島杏子:福田彩乃

■安達未帆:我妻三輪子

■恵美:高橋メアリージュン

■利太の母親:濱田マリ

■学食のオヤジ:竹内力

■中尾彬(特別出演)

■柳沢慎吾 (特別出演)

■六角精児 (特別出演)


Sponsored Link


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

▲トップへ戻る