バンクーバー 行方不明 古川さんが犯人と出会ったカフェの名前は?日本人を狙った犯行か!?

カナダに語学留学していた古川夏好さんの
事件はカナダでも大きく報じられ、多くの
カナダ人が容疑者の男に強い憎しみを抱いて
いるという。

 

逮捕されたシュナイダー容疑者は高校から
素行が悪く、薬をやっていたといい、同級生
をいじめるのを楽しんでいたというヤバい
人物だったことも判明。

 

さらには、強盗や窃盗、不法侵入などの前科
があり、市内の中心部にあるホームレス用の
施設をたびたび利用していたという。

 

古川さんが英会話の学習会に参加していた
カフェの名前は「WAVES COFFEE」。シュナ
イダー容疑者も店を訪れ、複数の日本人女性
に声をかける様子が目撃されていたそうだ。

 

ネットの情報によると、カフェ「WAVES COFF
EE」は日本人ばかりだそうで、犯人のシュナ
イダー容疑者はそのことをわかっていて、
はじめから日本人を標的にしていた可能性が
ある。

 

報道によればバンクーバーは治安のよい場所
とされているが、以外にそうでもなく、注射
器とかも道端に落ちているようなところだと
か。

 

2chなどでは、分かり切ってることなのに
声を掛けられてついて行ったのは「自業
自得」と、被害者の古川さんに心無い意見も
あるようだが、事件の真相はまだ解明されて
ない。


Sponsored Link


バンクーバー 行方不明 古川さんが犯人と出会ったカフェの名前

古川夏好さんのFacebookによると、留学や
海外生活を長年夢見ていたことがわかった。

 

英語を学ぶためにと、5月からカナダに留学。
約3カ月間語学学校に通った後はボランティ
アに参加したり留学生らが利用する交流サイ
トで知り合った仲間と英語を学んでいたとい
う。

 

英語力は中~上級だったそうで、最近は図書
館で勉強したり、友人を増やしたりするなど
英語を使う機会を増やそうと努力していたと
ころだったとか。

 

そして古川さんは、バンクーバー市内のカフ
ェで開かれていた地元住民や留学生との英会
話交流にたびたび参加。この交流の場で犯人
のシュナイダー容疑者を目撃したとの証言も
あり、古川さんとの接点となった可能性があ
るという。

 

カフェの名前は「WAVES COFFEE」。シュナイ
ダー容疑者が利用していた施設とこの店との
間は歩いて10分ほどの距離で、店を訪れて
は複数の日本人女性に声をかけていたのだと
か。

 

シュナイダー容疑者は日本語を話せるという
情報もあり、何ら会話に不自由することもな
かったとみられている。


Sponsored Link


バンクーバー 行方不明は日本人を狙った犯行か?

犯人の目的は一体何だったのか?

 

現地の男性に日本人女性が何て呼ばれている
のか、以前は「cab」だったが、最近は
「bus」と呼ばれているらしい。

 

「cab」はyellow cabのことを指し、言わば
タクシーは金がかかるけど乗れる、「bus」
バスは小銭で乗れる。日本人女性は声をかけ
ればほぼタダで乗れるというわけだ。

 

バンクーバーは日本人に人気の留学先で、
5千~1万人の留学生やワーキングホリデー
ビザでの滞在者がいるともいわれる。

 

さらに「WAVES COFFEE」も日本人ばかり。
シュナイダー容疑者の目的は初めから日本人
女性を狙ったもの。

 

事実、日本人男性には声すらかけていなかっ
たそうだ。

 

古川さんの足取りが途絶えたのは、バンクー
バー中心部にある「ハーバーセンター」と呼
ばれるビルで、ビルの防犯カメラにシュナイ
ダー容疑者と一緒に歩く姿が映っていた。

 

そしてその数分後に2人が近くの酒店に入っ
ていく姿を別の防犯カメラが捉えており、店
のカメラには古川さんがアルコール度数の高
い酒を買い、代金を支払う姿が映っていたこ
とも判明している。

 

しかし、友人の話では、古川さんはこうした
種類の酒を口にすることは決してなく、一方
でシュナイダー容疑者はアルコール中毒のよ
うな状態だった時期もあるという。

 

警察は、金銭的に困窮していたシュナイダー
容疑者が古川さんに酒を購入させた可能性も
あるとみて詳しい動機を追及している。


Sponsored Link


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

▲トップへ戻る