カヌーマン事件の真相と結末!ネタバレ 詐欺の動機は借金だった!

8月18日放送の「奇跡体験!アンビリバ
ボー」は、イギリス中に衝撃を与えた
「カヌーマン事件」を紹介する。

 

「カヌーマン事件」とは、2002年、北海
沿岸でカヌーに乗ったまま行方不明になった
一人の男ジョン・ダーウィンが、カヌー事故
を偽装し、保険金を受け取って詐欺罪などに
問われた事件。

 

ジョンが事故を偽装した動機は多額の死亡
保険金を得るためだった。

 

ジョンはなぜ、事故を偽装してまで多額の
保険金が必要だったのか?

 

今回はネタバレになるが、イギリス・ロンド
ンで起きた「カヌーマン事件」の真相や結末
について迫ってみようと思う。


Sponsored Link


カヌーマン事件の真相と結末

ジョンは妻と2人の息子がおり、誰もがうら
やむ幸せな一家だったが、その裏で夫妻は
投資のために購入した賃貸用の家を所有して
いたせいで多額の借金を抱えていたという。

 

借金地獄から抜け出すには「狂言失踪しか道
は残されていない」とアンさんに提案。

 

そして2002年3月22日にジョンは
カヌーで海に出て、そのまま帰らなかった。

妻のアンはジョンが戻らないと、警察に通報。

 

しかし、必死の捜索にも関わらず、ジョンは
見つからず、水死と判断され、遺体がないま
ま葬儀が執り行われたのだとか。

 

死んだと思われていたジョンだったが、それ
から11か月後の2003年2月、ボロボロ
の格好で妻の前に姿を現した。

 

ジョンは時々ほかの場所に移住していたが、
そのうち自宅に移り住み、息子たちが訪れた
際には、隣接する夫妻所有のワンルームの
アパートに身を隠していたという。

ある時、夫妻は移住も考えてキプロスへ旅行。

 

その後、パナマ市へ向かい、そこで9万
7000ドル(約1080万円)の共同住宅
の一室を買っている。

 

そして、ビザの再申請が必要となったジョン
はイギリスに帰国して、記憶喪失だと主張す
るとの計画を妻に話したのだった。

 

事故から5年後に突如現れたことにマスコミ
は、奇跡の生還劇と報道。ジョンは「カヌー
マン」として一躍時の人となったが、計画ど
おり記憶を失い、何も覚えていないふりをす
る。

 

イギリス中が「カヌーマン」に熱狂する中、
ジョンの妻を独占取材していたリー記者の元
に、ある写真が届く。

 

それは2年前に撮影された写真で、ジョン夫
妻が一緒に写っていたもの。夫妻がひそかに
一緒に暮らしていたのバレてしまったのであ
る。

 

カヌーマン事件の真相は、息子をだましてま
でカヌー事故で行方不明を偽装工作していた
こと。

 

夫妻がパナマに不動産を取得し、新たな生活
を始める準備をしていた事実が明るみに出て
詐欺行為が発覚したことがあげられる。

 

また、カヌーマン事件の結末は、詐欺が発覚
したことで2人は逮捕され、詐欺罪などに問
われた夫のジョンに禁固6年3月、妻のアン
に同6年6月の有罪判決が下された。


Sponsored Link


カヌーマン事件 詐欺の動機

カヌーマン事件の真相と結末がネタバレした
ところで、詐欺行為を働いた動機は何だった
のか?

 

夫妻には巨額の借金がり、借金地獄から抜け
出すには狂言失踪しか道は残されていなかっ
た。

 

死んだことにすると死亡保険金、死亡年金が
受けられ、そのお金で借金を返済することが
できる。

 

計画どおり2003年に死亡宣告を受け、妻
のアンは25万ポンド(約5400万円)以
上の保険金や死亡年金を受け取っていたが、
全額返却すると語っていた。


Sponsored Link


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

▲トップへ戻る