千葉マリアの長男は誰の子?松方弘樹との息子(子供)ではなかった!

2月3日放送の「爆報!THE フライ
デー」は、松方弘樹との不倫騒動で世間を
騒がせた歌手の千葉マリア(67)が登場。

 

千葉マリアは29歳のときに松方弘樹と知
り合い、31歳で出産。愛人関係にあった
松方との子供を育てていたが、出産してから
3年後、世間に隠し子がいることが発覚し
騒動となる。

 

現在は千葉県館山で薬物更生施設「S.A.
R.S千葉」を運営する千葉マリア。施設
を始めた裏には長男の薬物依存が関係して
いる。

 

千葉の長男は、千葉県館山にある依存症回
復施設「館山ダルク」代表の十枝晃太郎
(46)。

 

千葉が17歳のときに結婚した相手との間に
生まれた息子で、次男とは異父兄弟となる。

 

今回の番組では、壮絶な半生を送ってきた
千葉が運営する薬物更生施設「S.A.R.
S」の1日に密着する。


Sponsored Link


千葉マリアの長男は誰の子?

千葉マリアの本名は十枝みつ。母子家庭で
育ち、16歳のときに高校を中退。

 

早く仕事をして母を助けるために仕事を探し
ていると、偶然通りかかったビルにあった
芸能事務所をのぞいたのがきっかけに歌手
としてスカウトされる。

 

その後は歌手デビューをめざしてレッスンに
通う毎日。

 

だが、そんな毎日に嫌気が差して、千葉は
17歳で結婚を選択する。

 

相手の旦那は六本木のスナック経営者の弟
で、5歳上の夕刊紙の記者。

 

18歳で長男が生まれたが、旦那はギャン
ブルに明け暮れる毎日で、生活費も貰えな
かったという。

 

その後19歳で歌手デビューするも週刊誌
に子供と旦那がいることをすっぱ抜かれ、
長男が2歳の時に離婚。

 

千葉が離婚したのには、ほかにも原因があ
った。

 

ある日、泥棒に入られたが、旦那は千葉と
子供を少しも心配してくれなかったという。
こんな旦那ではダメだと思って離婚を決意
したのだった。

 

そして、この長男こそが、千葉県館山にあ
る依存症回復施設「館山ダルク」代表の
十枝晃太郎。

 

松方弘樹とのこともあってか、「誰の子?」
と聞かれることがあるそうだが、長男は松方
の息子ではなく、血は繋がってない。

 

長男の晃太郎は19歳で違法薬物を使用す
るようになり薬物中毒に。31歳で薬物を
絶つまであらゆる薬物に手を染める。

 

薬物が原因で精神病院に入ったことなどを
きっかけに、薬物を絶つ決心をして沖縄ダ
ルクに入所。

 

以後14年以上、薬物を絶っている上に館山
ダルク代表として日々薬物依存者の回復の
ために尽力している。

 

去年、薬物で逮捕された清原の身元引受人
は誰がなるのか、保釈後は誰が面倒を見る
のか、注目されたときに「館山ダルク」
代表の長男は、「私のところに来られたら
どうか」と手を差し伸べていた。

 

結局2度、身元引受人を希望する手紙を送
ったが返事はなかったという。


Sponsored Link


千葉マリアと松方弘樹の息子(子供)は誰?

千葉マリアは29歳のとき、京都にある
高級クラブのママの紹介で、松方弘樹の
前歌として全国を回る仕事が多かった。

 

そんなこともあって2人は親密な関係とな
り、千葉が31歳のとき次男・真沙史を
出産。芸能界から身を引くことにする。

 

当時の松方は仁科亜季子と結婚していたこ
ともあり、千葉は松方の愛人として息子を
育てていた。

 

3年後、次男・真沙史が3歳のとき、千葉
は松方に会いに行き「生活が出来ないから
養育費を出してほしい」と頼んだそうだ。

 

松方も隠し子がいたことを知らず、ビック
リしていたが、自分の子供と認知して養育費
を入れるようになった。

 

次男・十枝真沙史も松方同様俳優の道へ進
むが父親のようにはいかず、現在は千葉が
運営する「S.A.R.S千葉」で施設長を
務めているという。

 

そして千葉は2001年7月、第19回
参議院議員通常選挙で自由連合公認の比例区
に立候補する。

 

結果は落選。2007年5月には子宮がんを
患い手術を受けるなど、これまで壮絶な
半生を送ってきたのである。

 

千葉が運営する「S.A.R.S千葉」は、
かつて薬物依存症という病気の息子を与え
られ、自分の中にある問題にも気づかない
で悩んで苦しんでいた日々の体験などを
生かした女性専用の回復シェルター。

 

回復を目指す女性と24時間一緒に暮らし、
自分自身も入寮者も、共に新しい生き方の
中で、社会復帰までのサポートを行って
いる。


Sponsored Link


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

▲トップへ戻る