GACKTが彼女のグラドルと破局?結婚していた韓国人女性は誰?

ミュージシャンのGACKT(43)に
文春砲が炸裂した。

 

文春が報じているのは、GACKTと元彼女
のA子(26)、それにGACKTのマネー
ジメント会社の社長・H氏との三角関係だ。

 

A子は昨年まで芸能プロダクションに所属
するグラビアアイドル。2人は2011年
秋、GACKTが東日本大震災の被災地を
慰問したことをきっかけに知り合ったと
いう。

 

当時のA子は21歳。最初のデートは20
12年11月で、愛人関係は3年に及んだ
ということだが、このときはお互い独身の
はず。

 

GACKTは過去に韓国人女性と結婚して
いたこともあったが、とっくに離婚。

 

なぜ文春はGACKTの彼女を「愛人」呼ば
わりしているのか、謎である。

 

A子は、自身の出身地である被災地に対す
るGACKTの言動などに疑問を持ち始めた
ため、2人の関係に亀裂が入る。

 

その後A子はGACKTのマネージメント
会社の社長・H氏と知り合い、交際を開始。

 

同時に、GACKTとの関係を清算したの
だった。


Sponsored Link


GACKTが彼女のグラドルと破局?

ここまでは、特別どこにでもある話なのだ
が、文春はその後のA子について取り上げ
ている。

 

A子はH氏と婚約するのだが、H氏には別
の本命女性がいることが発覚。

 

昨年末にGACKT、H氏共に連絡が着か
なくなり、人生に絶望。
自ら命を絶とうとしたというのだ。

 

この件についてネット上では、さまざまな
意見が飛び交っている。

 

「GACKTには関係ない話」「Hが悪い」
「GACKTとんだとばっちり」「元グラ
ドルのA子って誰?」「彼女を愛人呼ばわり
するのはおかしい」など。

 

中でも一番声が上がっていたのは、被災地
に対するGACKTの言動だ。

 

GACKTには東日本大震災の義援金詐欺
疑惑が報じられている。

 

GACKTは被災者支援の基金を設立。
集めた義援金・約4億円のうち約2億円を
日本赤十字社を通じて被災地に寄付したが、
残りの2億円が消えていたという疑惑が
浮上してる。

 

ネット上では、A子がこのことを知って
GACKTと別れる決意をしたのではないか
と、噂になっているのだ。

 

また、H氏に関してもその正体は、
GACKTの元マネジャーで、GACKTが
2013年まで所属していた
「ゴーディーエンターテインメント」
の元社長、長谷川裕氏ではないかと噂になっ
ている。

 

長谷川氏は2013年に脱税で告発されて
いるが、そのときGACKTはサッサと
事務所を移籍。

 

移籍したのは脱税逃れだったとも言われ
ている。

 

H氏が長谷川氏なのかは謎だが、H氏は
「彼女を傷つけたことは事実なので、誠実
に対応したい」と文春に語っているのだ。

 

GACKTの所属事務所は、A子との関係に
ついて「事実無根」と回答したそうだ。


Sponsored Link


GACKTが結婚していた韓国人女性は誰?

GACKTの彼女としては、これまでに
釈由美子やICONIQなどが有名で、
今回のグラドルを含めると女性の噂は絶え
ない。

 

さらには文春が愛人と隠し子までいること
などを報じている。

 

2005年、GACKTは、TBS系の
『ワンダフル』に出ていたアシスタント
ガールを愛人にしていたが、妊娠が発覚
すると、『子供は認知しない』『日本から
出て行く』ことを愛人に要求。

 

そのかわりの条件として、カナダの超高級
コンドミニアムで暮らす愛人と子供の面倒
をすべて見ていると言われている。

 

これは、GACKTの不透明な蓄財に東京
国税局査察部が強制捜査に乗り出した際、
文春の取材によって判明したこと。

 

しかも文春はカナダまで行き、愛人の存在
を確認したというのだ。

 

そして、その愛人というのはオスカーに所
属していた「福世恵梨奈」と言われている。

 

もっと古くには、GACKTの結婚・離婚の
ことが自身の著書『自白』に書かれており、
そこにはGACKTが結婚していたのは
韓国人女性だったということが、つづられて
いる。

 

さらにGACKTは離婚について、「MAL
ICE MIZER」に入る前に年上韓国人
女性と結婚していたが、その後、熱狂的な
ファンからの嫌がらせなどで嫁がノイローゼ
になり、別れに至ったという。

 

20歳で結婚したというGACKT。相手の
女性から籍を入れたいと申し込まれて結婚
したそうだが、当時を「若気の至りだった」
と振り返る。


Sponsored Link


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

▲トップへ戻る