メキシコ五輪 黒手袋の抗議運動に同調したピーターノーマンの悲劇!(アンビリバボー)

1月26日放送の「奇跡体験!アンビリバ
ボー」は、1968年のメキシコ五輪・男子
200メートルで銀メダルを獲得した
オーストラリア人・ピーターノーマンに
スポットをあてる。

 

メキシコ五輪が開催された1968年は、
アメリカ黒人が公民権の適用と人種差別の
解消を求める抗議運動が継続し、ベトナム
戦争の反対運動が起こっていた時代。

 

男子200メートルでは、2人のアメリカ
黒人選手が金と銅メダルを獲得。そして
オーストラリア白人選手のピーターが銀
メダリストとして表彰台に上がった。

 

すると、金メダリストのトミースミスと銅
メダリストのジョンカーロスが、アメリカ
の国歌が流れ星条旗が掲揚される間、壇上
で頭を下げ、黒手袋をはめた拳を突き上げ
たのだった。

 

このブラックパワー・サリュート(拳を高
く掲げ黒人差別に抗議する示威行為)が
波紋を呼び、トミーとジョンは、長い間アメ
リカスポーツ界から追放。

 

黒手袋をはめた拳を突き上げてはいないが、
2人の黒人選手と同じく「人権を求める
オリンピック・プロジェクト」のバッジを胸
に付けていた白人選手のピータも「抗議運
動」に同調した罪で批判され、地元のオー
ストラリアからも邪魔者扱いされたのだっ
た。


Sponsored Link


メキシコ五輪 黒手袋の抗議運動

1月26日放送の「奇跡体験!アンビリバ
ボー」は、オリンピックの歴史において、
もっとも有名な政治行為として知られる
「ブラックパワーサリュート事件」に加担
した、男子200メートル銀メダリスト・
ピーターノーマンの生き様を追う。

 

1968年開催・メキシコ五輪の出場が決
まったピーターだったが、当初は全く期待
されていなかったとか。

 

というのも男子200m走には世界記録
保持者のジョンカーロスやトミースミスと
いったアメリカの一流選手が出場者として
エントリーしていたからだ。

 

しかし、ピーターは、予選でいきなりオリ
ンピック記録を更新。前評判を覆して決勝
進出を決めてみせたのだ。

 

決勝では、惜しくもアメリカ人選手の
トミーに敗れたものの堂々の銀メダル。

 

ピーターが出した20.06秒の記録は、
未だにオーストラリア記録として破られて
いないという。

 

そして問題の「ブラックパワーサリュート
事件」が起こる。

 

表彰台に上がるのは、金メダリストの
トミースミス、銀メダリスト・ピーターノー
マン、銅メダリストのジョンカーロスの
3選手。

 

ピーターを除く2人は、アフリカ系アメリカ
人選手だった。

 

アメリカ人選手2人は表彰台に向かった際、
「ブラック・パワー・サルートをするつも
りだ」とピーターに打ち明けた。

 

するとピーターは、2人の胸に付けられた
バッジを指差し、「君たちが信じているこ
とを僕も信じている。それ、僕の分もある
かい?そうすれば僕も人権運動を支持して
いることを証明できる」と話したという。

 

だが、2人は余分なバッジを持っていなか
ったため、ピーターは他のアメリカ人選手
から借りたバッジを胸に付け表彰台に上っ
た。

 

2人のアメリカ人選手はバッジ以外に黒人
の貧困を象徴するため、シューズを履かず
に黒のソックスを履き、黒人のプライドを
象徴する黒いスカーフを首にまといメダル
の授与に臨んだ。

 

また、銅メダリストのジョンは、「白人至上
主義団体」による人種差別でリンチを受
けた人々を祈念するため、ロザリオを身に
つけた。

 

他にもジョンは黒手袋をはめる予定だった
が、忘れたため、トミーのグローブを2人
で分かち合うようピーターが提案。よって、
トミーが右の手袋を、ジョンが左の手袋を
つけることになった。

 

そしてアメリカ国歌が流れ、星条旗が掲揚
されると、トミーとジョンは、目線を下に
向け、頭を下げ、黒手袋をはめた握り拳を
高々と突き上げたのだった。

 

 

すると、この行為に会場の観客からはブー
イング。2人のアメリカ人選手による抗議
運動は、世界中のニュースでも取り上げら
れたのだった。


Sponsored Link


国際オリンピック委員会(IOC)が出した決断

IOCと国際陸上競技連盟は、2人のアメ
リカ人選手の示威行為に即座に反応。

 

「オリンピック精神の基本原理に対する計画
的で暴力的な違反」であったとして、トミー
とジョンの選手資格を停止、選手村から追
放した。

 

一方で、トミーとジョンの抗議運動に同調
したオーストラリア人選手・ピーターもそ
の報いを受ける。

 

当時のオーストラリアは、アメリカと類似
した白人最優先主義とそれに基づく非白人
への排除政策が存在していた。

 

そのため、白人が黒人と接触を持つ、公民権
運動に同調するというのは、地元・オー
ストラリアでは、ピーターの人生を破壊し
かねない非常に危険性の高い行為だった。

 

結果ピーターは、同僚選手から批判され、
地元のオーストラリアメディアからも除け
者扱いされたのだった。

 

4年後の1972年に開催されるミュンヘン
五輪にあたってピーターは、予選会で3位の
好成績を残したにもかかわらず代表に
不選考。

 

その後も競技生活を続けたもののアキレス腱
が壊疽し引退。

 

引退後は体育の教師や肉屋などの職を転々
とした。

オーストラリア政府が謝罪

引退後のピーターは、うつ病とアルコール
依存症でも苦しんだ。

 

結局ピーターは2006年、心臓発作でこの
世を去ったが、最後まで国から受けるべき
謝罪は何一つとして受けないまま亡くなって
いった。

 

ピーターの葬儀ではトミーとジョンが棺を
担いだ。オーストラリアでは無視された存在
になっていても、アメリカではトミーと
ジョンはピーターのことを忘れず、2人は
棺側付添い人を務めたのだ。

 

そして、2012年、ピーターはオースト
ラリア政府から正式な死後謝罪を受けた。

 

ピーターの家族の支持を受けたキャンベラ
選出のアンドリュー・リー労働党下院議員
が、「ノーマンへの死後謝罪」動議を出し
たからだ。

 

政府は、ピーターに対し、「何度も予選を
勝っていたにもかかわらず、1972年の
ミュンヘンオリンピックに代表として送ら
なかった国の過ちと、ピーターの人種間の
平等を推し進めた力強い役割への認識に
時間がかかった」と謝罪した。

 

ピーターの話は、たった1人の人間でも
どれほど世の中を変えることができるかを
示した手本になった。


Sponsored Link


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

▲トップへ戻る