ASKA 栩内香澄美と復縁?釈放後は自宅へ帰らず!

11月28日、違法薬物使用の疑いで警視
庁に逮捕された歌手のASKA(58)に
ついて東京地検は嫌疑不十分で不起訴処分
にした。

 

ASKAは19日夜、東京湾岸署から釈放
され直後、ブログに「無罪です」と記した
が、目黒区にある自宅へは帰らなかった
ようだ。

 

今回の件は事前の情報がなく、ASKA
本人が25日に「盗聴されているので確認し
て欲しい」などと110番通報してきたこ
とで発覚した。

 

しかも、尿検査は任意だったといい、陽性
反応が出て逮捕されたが、提出した液体を
「お茶」と主張し一貫して容疑を否認。
警視庁は液体がASKAの尿と立証できな
かったことで不起訴となった。

 

警察の失態はこれだけにとどまらず、証拠
隠滅の恐れがあるのに、逮捕翌日になって
やっと自宅にガサ入れしている。

 

ASKAは都内に別の住家があって、ほと
んどそちらに住んでいたとか。いわゆる
「クスリ部屋」だが、それを警察も知って
いたといい、別宅を重点的に捜索。そこで
浮上したのが、ASKAの“愛人”の所持
品が押収されたという報道だった。

 

この愛人とは、言うまでもなく前回、AS
KAと共に逮捕された栩内香澄美(39)
を指している。栩内は公判でも自分は事件
に巻き込まれただけだと無罪を主張したが、
執行猶予つきの有罪判決が決定。以降の
近況は一切伝えられていなかった。

 

ここにきて所持品が押収されたということ
は、ASKAと復縁しているのか。

 

今回は、そのあたりについて迫ってみよう
と思う。


Sponsored Link


ASKA 栩内香澄美と復縁?

はたしてASKAと栩内香澄美は復縁して
いるのか、一部の報道によるとASKAは
最近、知人に都内の別宅で「栩内と会って
いる。ふたりで支え合っている」と話して
いたそうだ。

 

2014年8月の初公判では栩内について、
「大事な人です」とASKAは答えている。
今年1月、突如としてネット上で公開した
ブログには、「私は、今回何の罪もないひ
とりの女性を巻き込み、犯罪者にしてしま
いました」とつづり、栩内宛に送ったメー
ルの文面を公開した。

 

「香澄美のためになることならば、証人で
もなんでもやる。すべて、オレがやったこ
となのに何で香澄美が罪を問われちゃうん
だろう。神様は一番大事なところを見てな
いんだな」といった内容だ。

 

ASKAの「クスリ部屋」から見つかった
栩内の所持品が、最近復縁していたことを
示すものなのか、それとも前回の逮捕前か
らASKAが持っていたものなのかは不明
だが、警察は重大な関心を寄せている。

 

また、今回のASKAの逮捕後に週刊新潮
が栩内香澄美に電話取材を申し込んでいた。

 

電話でASKAとの関係について話を伺う
と、栩内は「あの、前回も特に関係してお
りませんので!」と、語気を強めて言い放
ち、「事件に関与していないと記事に書い
て頂けますか。それでは失礼致します!」
と、一方的に通話が途切れると、それ以降、
電話に出ることはなかったという。

 

ASKA本人は知人に栩内と会っていると
話し、栩内はASKAとの復縁を否定。
はたして真相はいかに?


Sponsored Link


ASKA 釈放後は自宅へ帰らず

19日夜、湾岸署から釈放されたASKA
は、都内目黒区にある自宅には戻って来な
かった。自宅周辺には50人ほどの報道陣
が詰めかけ、パトカーも出動。混乱を抑え
るために警察官約20人も一時待機してい
た。

 

昼頃には元アナウンサーのASKAの夫人
が自宅から外出したとみられるが、午後8
時の時点では帰宅しておらず、自宅内は真
っ暗のまま。

 

午後10時になっても誰も帰ってくること
はなく、周辺の騒々しさとは対照的にひっ
そり静まり返っていたという。

 

ASKAは2年前の執行猶予判決後も、
薬物依存治療での入院期間などをのぞき夫人
と暮らしていたが、今夏ごろから外泊が増
え、最近では都内の高級ホテルに宿泊する
ことが多くなった。

 

音楽関係者は「家族と半ば別居のような状
態だった」と話す。

 

夫人はミュージシャンの長男、長女と再起を
信じ、ASKAを入院させるなどしていた
中での先月末の2度目の逮捕。

 

夫人はショックを受け離婚説や自宅売却説も
一部で報じられたが一転、不起訴処分での
釈放という結末に、今後の夫婦関係がどう
なるか不透明だ。


Sponsored Link


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

▲トップへ戻る