はごろもフーズ クモ混入画像!製造工場は三重県桑名市!再び炎上か!?

静岡市清水区に本社を構える大手加工食品
メーカー「はごろもフーズ(株)」に今度は
クモが混入しているのが見つかった。
画像あり

 

製造工場は三重県桑名市。2015年7月に
製造し、倉敷市内のスーパーで販売された
「朝からフルーツみかん190g缶」にクモ
とみられる虫1匹が混入していたという。

 

はごろもフーズの缶詰を巡っては、2014
年12月に静岡市の工場で製造したツナ缶
「シーチキンLフレーク」にゴキブリとみら
れる昆虫1匹が混入していたことが10月
下旬に発覚している。

 

同年にも同じ工場で製造したツナ缶にハエが
混入していたことがわかっており、今回の
クモ混入と合わせて延べ3度の虫混入が発覚
した。


Sponsored Link


はごろもフーズ クモ混入画像!

はごろもフーズの缶詰にクモとみられる虫
1匹が混入していたのが新たに発覚した。
画像あり

 

hae

 

クモが混入していた缶詰は倉敷市内のスー
パーで販売されていたもので2015年7月
に三重県桑名市の工場で製造。

 

混入していた商品は「朝からフルーツみかん
190g缶」。フルーツ缶を購入した倉敷市
の40代男性によると、はごろもフーズは
「ほかの商品に混入した恐れはなく、会社の
基準を満たさない」との理由で公表していな
いそうだ。

 

また、はごろもフーズから男性への報告書な
どによると、2015年11月、男性から
「缶を開けたら虫が入っていた」との連絡を
受けた同社が調査したところ、クモとみられ
る虫の混入を確認。

 

製造工程での加熱殺菌を経ていると推測され
たうえでクモは製造室内に侵入、製品に混じ
ったと判定したという。

 

マスコミの取材に対し、はごろもフーズは
「お客さまの個別案件であり、報道への回答
は差し控えたい」としている。


Sponsored Link


はごろもフーズのクモ混入 製造工場は三重県桑名市

はごろもフーズの缶詰を巡っては、2014
年12月に製造された「シーチキンLフレー
ク」に体長15ミリのゴキブリが混入してい
たのが発覚。50代女性が見つけて連絡した
が、同社は当初、マスコミの取材に対し
『公表も自主回収もしない』と回答した
ため、『不誠実だ』と批判が出て炎上した。

 

27日にHP上で『お詫び』を慌てて掲載し、
28日には清水区にある下請け工場での製造
を当面休止すると発表している。

 

さらに同じ下請け工場では同年に製造した
ツナ缶にハエが混入していたことがわか
った。

 

ハエが混入していたのは同じ「シーチキンL
フレーク」。2014年4月、東京・世田谷
区のスーパーで販売されていたもので、購入
した人が自宅で開けたところ、体長7~8
ミリのハエが入っていたという。

 

はごろもフーズは、ハエに加熱された形跡が
あったとして、ツナ缶の製造過程で混入した
と認めた。

 

今回発見されたクモ混入の製造工場は三重県
桑名市。製造工場と商品名は違うものの同じ
はごろもフーズ社の缶詰で再び混入とあれば
よりいっそうの苦情が殺到するのは目に見え
ている。

はごろもフーズの社長

はごろもフーズの社長は昨年4月に就任した
ばかりの池田憲一氏(39)。池田氏は、
慶應義塾高校から慶大に進学。卒業後は三菱
商事に就職したエリートだ。

 

三菱商事には8年間勤務。その後、はごろも
フーズに入社し、経営企画部長、副社長と
異例の速さで出世街道を駆け抜けている。

 

噂ではヤリ手の営業マンだったとか。そのた
め創業家の目に留まり、会長の次女と結婚。

 

家は本社がある静岡市ではなく、東京・南麻
布の家賃50万円を超える超高級マンション
に住んでいる。

 

池田社長は就任時のメディアのインタビュー
で、「(取り組むべき課題は)食の安心、
安全」と真っ先に語っていたが、会長の娘と
結婚したことで、慢心したのか。

 

失った信頼はそう簡単にはとり戻しそうに
ないだろう。


Sponsored Link


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

▲トップへ戻る