乙武洋匡の友人が不倫をリーク!?妻と別居して事務所に泊まっていた? 

『週刊新潮』のスクープによって不倫が発覚
されることとなった作家・乙武洋匡氏(39)
だが、「週刊文春」は乙武氏側がネタを
流したのではないのか?と疑っている。

 

愛人がいることの噂を聞きつけた『週刊新
潮』は、「随分と前から乙武氏を追ってい
た」と記事に掲載していたが、「文春」は
不倫旅行に同行した友人がリークしたのでは
ないかと思っているようだ。

 

また、不倫発覚により、本人と妻の仁美さん
が同時に謝罪文を流した背景で、夫婦に
「門限」があったことが発覚。

 

夜10時を過ぎたら事務所に泊まってくる
というルールがあり、そのことから乙武氏は
妻と半別居状態だったということだ。

 

今回は、そのあたりのことについてもう少し
掘り下げて行きたいと思う。


Sponsored Link


乙武洋匡の友人が不倫をリーク?

『週刊新潮』は乙武洋匡氏が5人の女性と
不倫していたことをスクープしたが、
「週刊文春」はネタをリークしたのは愛人と
旅行した際に同行していた友人ではないか
と疑っている。

 

そもそもこれには理由があるとし、まず、
昨年の12月に不倫相手と旅行した際
カモフラージュのため友人の男性が一人
同行しているが、「Mr.サンデー 」がこの
男性を捕まえて取材しているのを番組内で
流していたこと。

 

男性は取材を拒否する感じも見受けられなく、
旅行での二人の会話を再現していたが、
こんな話を偶然聞いたとも思えないし、
『週刊新潮』の記者が偶然聞いた人を捕まえ
られる確率などほとんどゼロに近いという。

 

次に挙げられるのは、乙武氏が『週刊新潮』
の直撃取材に聞かれもしない他の不倫まで
「ペラペラ」としゃべりまくっているのが
不審だとしている。

 

そして、夏の選挙に出馬予定だったにも
かかわらず、出馬をを断念したとは言って
いない点だ。

 

出馬を表明してから色々書かれるより、その
前に書かれた方が、ダメージが少ない。

 

すべてが計算づくで、どうも「自作自演」の
可能性を感じることから、乙武氏側が
ネタをリークしたのではないかと話して
いる。

 

そして、もし仮に、これが自社のスクープ
だったら「今回の展開のようにはいかな
かったかも知れない」と文春側が豪語して
いたことも最後に触れておかないといけ
ないだろう。


Sponsored Link


乙武洋匡は妻と別居して事務所に泊まっていた?

これまで乙武洋匡氏は妻の仁美さんと
半別居状態だったということである。

 

それには夜10時を過ぎたら家に帰らない
というルールを仁美さんと作っていたから
だそうだ。

 

3人の子供を育てている仁美さんにとって
は夜10時以降に帰ってこられると、せっかく
子供たちを寝かしつけたのに今度は乙武氏
の世話をしなくてはならないからだ。

 

子供の世話で疲れきっているので「10時を
過ぎたら事務所に泊まってきてほしい」
と言われていたという。

 

乙武氏にとっては、こうしたことが不倫に
走る起爆剤になったといい、半別居状態に
なる原因を作ったことを反省した仁美さんは
謝罪文で自分に責任の一端があるとして
いた。

 

結局のところ、事務所に泊まるという口実
でやりたい放題していたということだったの
だろうか?


Sponsored Link


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

▲トップへ戻る