匠(和音匠)がかっこいい!父親は志垣太郎で眉毛もそっくり?今日子と修一の場合に出演

俳優の匠(和音匠)が10日放送の「踊る!
さんま御殿!!」に出演するようである。

 

匠(和音匠)といえば父親が俳優の志垣太郎
ということもあり、父親同様ビジュアルがか
っこいい。

 

さらに凛々しく太い眉毛も父親譲りの匠
(和音匠)だが、今回の「踊る!さんま御
殿!!」がテレビ初登場になるらしい。

 

これまで、映画「今日子と修一の場合」に
出演していたこともあっただけに意外で
ある。

 

今回は、これからブレイクしそうな予感が
する俳優の匠(和音匠)について少し探って
みたいと思う。


Sponsored Link


匠(和音匠)がかっこいい!

今回がテレビ初登場という俳優の匠(和音
匠)は、現在27歳でオスカー所属の俳優で
ある。

 

デビューが2013年ということなので、
まだ日は浅く、現状世間ではさほど知られて
いないと思うが、今回の番組がきっかけに
これからどんどんテレビでの露出が増えて
いくと思われる。

 

また、「かっこいい」ビジュアルもさること
ながら、特技の方も英会話・ピアノ・ギター
と言うだけに、こちらの腕も確かなようであ
る。

 

何かにつけてかっこいい、匠(和音匠)を
今後も注目したいと思う。


Sponsored Link


匠(和音匠)の父親は志垣太郎で眉毛もそっくり

匠(和音匠)の父親は志垣太郎だというのは、
2013年公開映画「今日子と修一の場合」
の公開一週間を記念したトークセッションに
出演した際に公表したそうだ。

 

それまでは、父親が志垣太郎だということを
隠していたそうだが、監督の奥田瑛二が
「志垣太郎の息子なんです」と紹介したこと
により、本人も認め、「いずれバレること
だから」とカミングアウトしたという。

 

せっかく隠していたのが台無しになってしま
ったが、やはり匠(和音匠)の眉毛はこうし
て見ていると、父親の志垣太郎譲りで立派で
ある。

 

志垣太郎といえば眉毛?というイメージだけ
に遺伝というものは恐ろしい。

 

そんな父親を匠(和音匠)は「実の父親とし
てはもちろん、俳優としても芸能人としても
尊敬しています。」と語っている。

匠(和音匠)が映画 今日子と修一の場合に出演

匠(和音匠)が芸能界デビューしたのは、
奥田瑛二監督の映画「今日子と修一の場合」
だ。

 

このときは事務所に所属せず、フリーで和音
匠(かずねたくみ)として出演。現在のオス
カーに所属して芸名を匠に変えたようである。

 

映画「今日子と修一の場合」では特技のピア
ノを弾くシーンもあったそうで、演技ともど
も見た人からの評価も上々だったようだ。

 

演技は父親と少し感じは違うようだが、やは
り父親が俳優ということもあり、「小さいこ
ろから映画が大好きで、年に何百本も見ては
批評も書いていました。それで、僕も表現者
になりたいと思うようになり、今回、奥田監
督の映画のオーディションを受けたんです」
と俳優になったきっかけを語っている。


Sponsored Link


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

▲トップへ戻る