高島礼子 持病でドラッグを使用し言語障害が!タバコはもう止めた?

逮捕された元俳優高知東生容疑者(51)の
妻で女優の高島礼子(51)が薬物反応の
検査を受け、結果は陰性。今後も仕事は予定
通り行っていくという。

 

しかし、心配されるのは高島の体調面だ。

 

高島は3年前から持病のリウマチ治療を行っ
てきたことを明かしているが、それでも仕事
を続けてきた。

 

リウマチの治療ではドラッグを使用し、言語
障害のような状態になったこともあったそう
だ。

 

今回、夫が逮捕されたことで持病が悪化する
可能性があり、今まで通りの仕事がこなせる
のか不安視されている。

 

今はさすがに吸っていないだろうが、高島は
タバコを吸っていた過去があるので余計に
持病が悪化しないか心配である。


Sponsored Link


高島礼子 持病でドラッグを使用し言語障害が!

1999年に結婚した高知東生容疑者と高島
礼子。売れない俳優との格差婚で話題となっ
た。

 

当時から高知容疑者の「ヒモ夫ぶり」が取り
沙汰されていたが、やはり本当の話らしく、
高島は相当尽くしてきたそうだ。

 

高知容疑者は介護をする為に引退したにも
関らず、好き放題の生活で、朝まで帰らない
こともしばしば。

 

知らない者を引き連れて飲みまわり、お金が
足りなくなった夫のため、高島は午前4時に
財布を抱えて駆けつけたことも。

 

そこまでして高知容疑者に尽くす高島だった
が、ひそかに病気とも闘っていたのだという。

 

更年期にさしかかったときにリウマチを発症。
長期に渡り治療を行ってきたことを明かして
いる。

 

また、持病が悪化して治療薬を飲んだら副作
用で言語障害のような状態に。

 

そのせいか、高知容疑者が自宅へ帰るとリビ
ングの真っ暗な中でずっと泣いていたそうだ。

 

リウマチの治療薬で言語障害の副作用が出た
ということは、「メトトレキサート」「ミゾ
リビン」などを用いた可能性がある。

 

「メトトレキサート」に関しては、関節リウ
マチ治療薬のアンカードラッグと呼ばれてお
り、治療の中心としてよく使われる。

 

高知容疑者は、リウマチで苦しむ妻の為に
体温管理士という資格を取っているといい、
そんな姿を見ているから高島は何も言わず、
尽くしているのだという。


Sponsored Link


高島礼子 タバコはもう止めた?

当初から高知容疑者の逮捕で高島を激励する
メッセージが事務所に届いていたが、会見後
の現在は延べで100件を超えているとか。

 

だが、そんな高島礼子に過去の衝撃写真が
流出。

 

今回の事件で流出したのは結婚式でタバコを
吹かしている写真だった。

 

未成年なわけではなく、特に何の問題もない
のだが、タバコの吸い方がヤンキーそのもの
だったので話題になったのだろう。

 

高島はレースクイーンから女優業へと、のし
上がってきた人物でヤンキー上がりとまで
言われていた。

 

なので、結婚式でタバコを吹かしている写真
は、今とギャップがあって驚いたのであろう。

 

だが、現在は持病のことを思うと治療薬で
言語障害が出るくらいなのでさすがに吸って
いないだろうし、止めたのではないかと思う。

 

どちらにせよ、今後の仕事に関しては、体調
面で一株の不安が残ることになるだろう。


Sponsored Link


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

▲トップへ戻る